何はともあれ2位確保はよくやった!

おめでとう。優勝は出来なかったけれど、DeNAになって初めての2位となった。初のホーム主催でファーストステージが行われることの嬉しさは格別だ。まずは、十分に休養を取って、ボロボロの体を癒して下さい。今年は十分に時間がある。万全の態勢が整えれば、セリーグを勝ち抜くことは言うまでもなく、日本シリーズ優勝も十分狙える位置にいるのではないか。それはともかく昨夜の試合だが、左のロメロに対して右打者ばかり並べてきた。確かに効果はあったかもしれない。しかし、こういう極端なことをするのは如何なものかと思う。どう考えても右の代打がいなくなってしまうだろう。7回の二死一二塁のチャンスに左の福に対して佐野がそのまま打席に立ったが、本来なら右の代打が欲しいところだった。しかし、難しい状況でタイムリーを打てたのは彼の実力だ。そもそも、それだけの実力のある選手を左の先発でもスターティングで使っていれば右打者を残せたはずな訳で、必要なところで代打起用が出来るはずなのだ。結局は左投手に対するスターティング対応が弱気すぎるのが原因である。また、これも絡んでくるが貴重な選手の雑な起用が気になる。昨夜も中井、伊藤裕、梶谷など選手の扱いが雑であった。本当に選手を適材適所で起用しているのか。中井は他の打順の適性を考えてないのか、伊藤裕を右投手で見切るのはどうなのか、梶谷は1打席で代わるような選手ではない。こういう選手たちを雑に扱えば必ず試合の後半につけが回ってくるのだ。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事