無様な様相を呈した最終戦

勝たねばならない試合だった。阪神がCSの相手になるかは分からないが、横浜が自ら息の根を止めるべきだった。それがCSも含めて来シーズンを考えたときの願いではなかったのか。この試合、横浜はほぼレギュラー選手で固めてきた。それが勝とうとする意志の表れであったと思う。試合は序盤から攻撃陣が上手く機能し押し気味に進んだ。しかし、ここ一番での決め手を欠き、無得点に抑えられた。というよりも明らかな采配ミスである。何か策を弄しようとしていろいろ考えた末に、何もせずに3併殺で自ら勢いを止めてしまった。それとは裏腹に、阪神の理想的な攻撃により足をすくわれ、一気に4点を失い成す術を失った。
これで阪神に対する苦手意識を拭い去ることが出来ずに来年を迎えることになる。その前に阪神がCSに上がってくることがあれば、よっぽど気を引き締めてかからなければ勝てないだろう。「またここに戻ってくる」と阪神は呪いの呪文のような合言葉を交わしているのが不気味である。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事