いらないリスクを犯した末の無残な結果

すべてが崩れ落ちるような今シーズン最悪の負け試合だった。5回までに6点をリードしてどうみても勝ち試合の様相だった。ラミレスは自分の考えた采配が上手くいき調子乗っていた。ギャンブラーの発想だ。そしてバリオスを登板させた。下手なギャンブラーは勝ちが続くとさらにレートを上げてリスクを冒す。そして引き際を見逃し大きな負債を背負い込む。まさにバリオスがそれだ。大量リードに気持ちが緩み、リリーフを温存させようとさらにリスクを負った。その結果は鎮火していたはずの阪神打線に火をつけたようなものだった。慌ててエスコバーを出したが、一番の武器であるストレートがコントロール不能であった。調子が悪いのが分かっていながら、実績を買って続投させたのも完全な失策だろう。考えてみれば7点取ったのも、筒香の3ランと敵の失策に乗じた4点であって、積極的に機動力を絡ませて取った得点ではない。いわゆる大味な野球なのだ。初回は3点取った後の無死一二塁において、敵を苦しめるようなバントなどはせずに単純に打たせている。つまり、点が取れたのは選手の力と、ツキが味方しただけのことだった。それに比べて阪神の方がいい点の取り方をしている。こうしてみると、横浜は負けるべくして負けたのだと言えよう。
完全に打ちのめされた感が引きずっているが、立ち直らなければならない。こういう時には石川のようなベテランの影響力が頼りになるのだが。もう、自分らの力を信じてやるしかない。ラミレスは奇策はいいから、余計なことはせず慎重な采配を取ってくれといいたい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事