瀕死のチームを救った乙坂の一発

昨日、あんな負け方をしてよっぽどの事が無い限り、勝つことは難しいと思っていた。こんなときに心強い支えになるのは、スタジアムの声援しかないだろう。この日も初回、3回と先制点を上げて3点のリードを取ったが、まったく安心できる状況ではなかった。それは本塁打でしか得点できない不器用さにあり、きちんとお膳立てして高確率に得点するのでなく、いつ入るか分からない偶発的な攻撃に頼っていたからである。案の定、5、6回に阪神の基本に忠実な足を生かした攻撃であっという間に同点に追いつかれた。流れはもう阪神に移っていた。しかし6回の裏、横浜はここで初めて真っ当な攻撃ができた。ランナーを二塁に送り神里のレフト前で大和が本塁に突入して上げた得点だった。これはごく普通の攻撃パターンだが横浜にとってはこのシリーズで初めて見せるものだった。これは大きな意味があったと思う。本塁打でしか得点を上げられない不器用なチームが、何とか安打1本で走力を生かして捥ぎ取った1点だからだ。これで何とか阪神にいきそうな勢いを食い止めることが出来た。そして1点リードのまま8、9回に山崎が登板した。彼の力投は阪神の勢いを抑えた。惜しくも福留に一発を喰らったが、十分に役目を果たしてくれた。しかし、どう考えても劣勢になってしまった状況で9回裏、起死回生のサヨナラ本塁打を打った乙坂はまさに救世主だった。
これでようやくまともな状態になって阪神に太刀打ちできるようになったと感じる。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事