今の横浜を象徴する負け方

今年の野球が終わった。別に阪神が悪い訳ではないが、勢いのあるチームにあたってしまったことは不運ではあった。しかし、苦手意識を最後まで振り払うことが出来なかったことは悔いが残る。ただ、戦いを通じて横浜に勝てる要素は乏しかったといえよう。如何にして点を取るか、その意識の高さに違いを感じた。それは当然のことながら監督の指向性が反映されることだ。したがって攻撃的な布陣と言えば聞こえはいいが、実質大味な戦い方しかできないラミレス監督の戦い方に疑問を感じる。折角、2位のホーム開催が実現できたにも拘らず、無様な敗退を晒してしまった責任は取って貰わなければならない。逆にもし、日本シリーズにでも出場していたら退任させるのも難しかっただろうから、負けて良かったと思いたい。
来年度はこのまま補強しなければ戦力は低下するだろう。筒香は多分居なくなる。ロペスは年々力が確実に衰えている。宮崎、梶谷、大和、伊藤光はまだ老け込む年ではないが、現状維持がいい所だろう。佐野、神里、乙坂はレギュラーを取れるだけの力をつけているプラスの要素だ。しかし、それにソトを加えてもマイナス分の方が大きい。その他、細川や伊藤裕など飛躍の可能性はあるが不確定要素が大きくて計算できない。投手陣は今永が一杯一杯でその代わりに東が活躍したとしても、他の投手が伸びる要素はあまり感じない。したがって本当は今年優勝しなければならなかった。それを逃してしまって来年はさらに難しくなるだろう。

追記
ラミレスが留任することを後に知った。これで来年の優勝は無くなった。それでもファンを辞めることができないのはつらい。


励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事