色んなことを考えさせるプロテクトリストの発表

プロテクトリストが発表された。これをみればこれからのチームの方向性が多少なりとも伺える。この中で驚いたのが外野部門で桑原、楠本が外されていることだ。確かに今は準レギュラー扱いになっているが、高い可能性を持っている選手たちだ。活躍すべきときに出来ないとこういう目に合ってしまうのだというプロの厳しさを感じるが、一念発起して来年だめならやめる覚悟で挑んで欲しい。内野部門は倉本、山下など妥当な人選だと言える。ここは補強すべき最優先部門となるほど彼らが活躍できる余地はあったはずだった。しかし、チャンスに応えられなかったのだから仕方ないだろう。そして驚いてはいないが、残念だと思うのは捕手部門で嶺井、戸柱が外れたことだ。レギュラーではなくなったが、投手の特徴を知っている捕手を失ってもいいと判断されたのは悲しい。数年前まではレギュラーの座を競い合っていた二人だが、完全にその地位を伊藤光に奪われた。二人ともレギュラーになるチャンスはあった。嶺井は2015年に黒羽根から主戦を奪い取りチームの快進撃に貢献した。しかし、危険球事件により中畑監督からその座を奪われ、チームは急カーブを描いて下降していった。戸柱は2016年のルーキーから主戦捕手として使われたが、翌年、弱気のリードが災いして地位を失った。二人とも頑張ればレギュラーになっていたはずだ。それが未だに欠点を補いきれないでいるのだから仕方がないだろう。投手では砂田、阪口、中川虎、齋藤といったところが外されている。砂田は去年の酷使が影響しているのでかわいそうだと思うが、まだ若いので来年の復活を期待する。若手の三人はまだ絶対的に必要な人材にはなっていないということだ。
プロテクトにかかった選手で意外に思ったのはファームの選手。捕手では益子、山本。二人とも強肩という素材の良さが将来を嘱望されているのだろうか。内野手では知野。俊足が売りの内野手だがこの手の選手が順調に伸びてくれることを期待する。来年、入団予定の森と合わせて近い将来の横浜の二遊間を支え、1、2番を背負って立つ存在になって欲しいものだ。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事