プロテクトリストから想定される将来を見据えた打線

昨日発表されたFAに対するプロテクトリストだが、ある意味将来の横浜の姿を投影している。試しに該当する野手で打線を組んでみた。条件は3~4年先を想定して、梶谷、宮崎、大和、伊藤光は外している。それと、ソト、ロペスも戦力とは考えていない。当然、新しく入る外国人選手は想定していない。それでも、面白いようにきれいに嵌ってしまい純日本人だけのジグザグ打線が出来上がった。

(左)1.森   ショート 
(右)2.知野    セカンド  
(左)3.神里  センター  
(右)4.細川  ライト     
(左)5.佐野  ファースト
(右)6.伊藤裕 サード
(左)7.乙坂  レフト
(右)8.山本  キャッチャー

1、2、3、4番は俊足で盗塁が出来る打者を並べてある。4番の細川まで走れることで機動力がチームの売りとなるだろう。3、4、5、6番は当然、長打力がある打者である。神里、細川は機動力、長打力も兼ね備えた打者と認識している。7、8番も見劣りのしない打者が揃うことになろう。それと守備を考えれば、かなりのレベルの高さを窺える陣形となる。守備力があるとは言い難い佐野、伊藤裕は比較的影響の少ない一塁、三塁に配することができる。結果としてプロテクトリストの内、レギュラーを外した選手は柴田と益子だけであった。柴田を外す理由は機動力の無さである。もっと盗塁技術を上げないと今のままでは無理だろうと思う。益子はまだ実績がないだけでレギュラーを掴む可能性は十分ある。
こうしてみると必ずしも悲観するような打線になるとは思えず、むしろ外国人選手を加える必要もないほど面白いものになる。ただし、リストから漏れたといっても、桑原、楠本らは高い可能性を持った選手であり、是非ともレギュラーを勝ち取って欲しい。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事