現実的な来年の打線

先日、プロテクトリストから近い将来を見据えた横浜の未来像のようなものを書いたが、来年の横浜はどうすべきかについて記述する。もう、すでに述べたが、筒香の脱退、ロペスの足腰の衰えは避けられない現実である。ロペスの打撃自体はまだ輝きを放っているが、守備、走塁に関してはどうしようもない。したがって、来シーズンも契約したとしてもフル出場を望んで欲しくない。ある程度の見切りをつけることも必要ではないかと思う。つまり、代打に徹してもらうこともあり得ることだと思う。そしてこの機会に守備力、走力を重視する機動力野球に軸足を移し、弱点だったソトを一塁にまわし、二遊間を柴田、大和、場合によっては知野や森を起用し、外野を走力のある梶谷、神里、乙坂、桑原、細川で固めることが最適だと思う。こういう話はこれまでに何度もしてきたが、これは妄言ではなく本当に望んでいることだ。もう、ひと頃のロペス、筒香、宮崎の揃い踏みをみることは出来ない。時の流れは容赦なく大切なものを奪い取るのだ。良かった思い出に固執していれば何も進化しない。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事