ソトの一塁起用の考えに思うこと

久々の投稿だが、ベイスターズから遠ざかっていた訳ではない。書くべきことが無かったので静観していた。今日の記事でラミレスは来シーズン、ソトの一塁起用を考えていることを明かした。これは良いことで、少しは守備の大切さに比重をかけてきたのかと思う。私もブログでそのようなことを書いたが、所詮、ソトの守備力では外野は難しいだろうと思っていた。そもそも、ソトは一塁、三塁の控えで取った選手であったが、こういうあいまいな決め事では物事は上手くいかない。結局、ロペスも宮崎も不調な時期はあったが、その代わりをソトが務めたかと言えばそうはならなかった。予想外の打撃力でたちまちライトのレギュラーを取ってしまったからだ。そのかわり、守備力には目をつぶるしかなかったのだが、このときに当初の目的通りにロペス或いは宮崎の不調な時期に代わりを務めていたら、ライトの守備の破綻による敗北も減ったことだろうと思う。その後ソトはセカンドを守ることになるが、それも急遽の策であり問題の解決にはなっていない。来シーズンは横浜の象徴だった筒香が抜け、これまでの打力のチームから徐々に軸足を機動性、守備力のあるチームに変えていく必要性があると思っている。その過渡期においてまずは不安要因の一つであるソトの守備を何とかしなければならない。そして筒香の抜けた穴だが、私はそう心配はしていない。本塁打数は減るだろうが、それよりもチャンスに強い打点を稼ぐ打者が増えたからだ。佐野、楠本、乙坂、細川といった数年前までは戦力に数えられなかった選手が台頭してきた。さらに、オースティン選手も獲得して十分すぎる陣容だと思う。むしろ守備力をどのように確保するのかの方が重要な課題である。




励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事