ようやく一筋の希望が見えた試合

今シーズンに入り初めての投稿です。ベイスターズの試合はすべて見てきているつもりだが、何か今一つしっくりこない。筒香が抜けて外野の守りが締まるかと思いきや、穴埋めにオースチンを補充したにとどまらず、佐野までレギュラー扱いにしてなおさら守備力のレベルが下がってしまった感がある。打線全体としては4人ほど強打の選手を並べるようなことになるみたいな感じだ。個人的にはそんなに強打者ばかリを揃えても勝利には結びつかないと思う。ただ、こうして投稿する気になったのは、昨日の試合をみていい印象を持ったからだ。それは、梶谷、神里の1、2番。梶谷はかなりの危機感を持っていて1番としてやるべきことを為している。それは、長打力を見せつけるのではなく、どんな形でも出塁することを第一に考えているように見える。クリーンヒットを打てなくても泥臭い当たりでもいいからいかに出塁するか、そういう気迫みたいなものが伺える。神里は1番は向いていないと入団時から思っていた。調子の波が激しいからだ。しかし、2番は向いていると思う。それはエンドランが上手いからだ。昨日の試合、梶谷とのエンドランは上手くこなした。桑原だとか柴田など小技が上手そうな選手に思うが、上手くこなしたのを見た記憶はない。そういう意味で神里は2番への適合性が高いのではないかと思う。それと、2番だと否応なしにチームバッティングが必要になってくる。そういう状況では自分のバッティングのことをあれこれ悩んでいる暇はなく、知らず知らずに形が出来上がってくるのではないかと思ったりするのだ。昨日の試合は、思いがけず、いいものを見た気がする。多分、現状ではこの形の打線がベストではないかと思う。もちろん、公式戦に入ればDHは使えないのでそこをどうするかだが、個人的には、オースチン、佐野のどちらかを1塁にまわすのがいいのではないかと思う。ロペスが抜けてもオースチン、佐野、宮崎のクリーンアップは組めるので十分である。問題はオースチン、佐野を外野に配したときの守備力の低下だ。どうもラミレスは外野の守備を舐めている傾向がある。しかし、外野がしっかりしないとシングルヒットをダブルにしたり、1塁走者を3塁まで進塁させたり、2塁走者を生還させたりと失点に結びつく事象が多い。したがって、少なくとも外野手2人は打力があって守備力もある選手を使って欲しい。そういう選手が沢山いる。梶谷、神里の他にも楠本、細川はもちろん、桑原や関根だってチャンスがない訳ではない。ベイスターズの外野陣は豊富だ。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事