まだ決まらない今シーズンの内野の布陣

今シーズンの内野をどうするかを現状で考えてみる。当初はソトを一塁にまわす考えがあり、間違ってはいないと思っていた。しかし、どうもそれは無くなってしまいそうだ。佐野、オースチンは揃って主力レギュラーとして起用される可能性が高いが、守備力を考えると二人を左右翼手として起用するのは厳しいと思っている。つまり、佐野、オースチンのどちらかは一塁にまわすべきであり、ソトを二塁で使うのが妥当な線ではないかと思う。ソトとのコンビネーションを考えればオースチンより佐野の方が良いだろうと思う。ただ、ラミレスの頭の中には佐野、オースチンとも外野で起用する気でいるのかもしれない。どちらが良いのかは分からないが、主観的には守備の体形を考えた時に、内野の守備はそこそこでも、外野の守備を疎かにした方が失点を被る率は高いと思っている。あくまでも、中堅手、右翼手は梶谷、神里など守備のしっかりした選手を使って、出来るだけ外野の穴は小さく抑えるべきだと思う。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事