日常生活にみられる危険性

昨日、近隣のホームセンターに買い物に出かけたが、店員さんがコロナウィルスに感染し臨時休業になってしまっていた。危険な環境でお仕事をせざるを得ない店員さんには本当に頭が下がる思いだが、救命されることを切にお祈りする。実はその6日前にもその店に行ったのだが、店内は特に混んでいる様子もなくカートを押して買い物をした。そしてレジで支払いをしようとすると、客の列ができていて最後尾は店内の奥の方にまで続いていた。どの列もざっと20人ほどは並んでいる様子であった。入店した時に混雑に気がつかなかったのは店内が広いためであり、レジの台数はいつもと変わらないのでそういう状態になったのだろう。しばらく店外に出て待機したが状況はまったく変わらなかったので、品物を陳列棚に戻し店を出た。ウィルスに不顕性感染している人がいるかもしれない密閉空間に長時間滞在することは危険ではないかと判断したからだ。マスクしていれば安全と思っているのは錯覚で、その6日後、もちろん自衛的にマスクをしていたであろう店員さんが感染しているを思えば明らかにマスクでは防げないのではないかと思う。接客対応していた店員さんが感染したのは、長時間、三密になりかねない状況に滞在したことが原因であろう。不顕性感染している人がどこにでもいる今の状況は大変恐ろしく、現状、プロ野球においては無観客と言えども開幕など出来る状況ではないだろうと思う。




励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事