あまりにも出来過ぎた試合展開

この日、ルーキーの坂本が登板するので打線の援護が欲しいと思っていたが、願い通りに打線が奮闘し坂本を援護した。むしろ、坂本のこの日のピッチングがあれば、こんなにも援護は必要なかったのかもしれない。しかし、坂本がこれほど素晴らしいとは予想できなかった。何より直球に切れがありチェンジアップ系の変化球と相まってコントロールが素晴らしくまったく隙のない投球であった。投球フォームも腕が遅れて出てくるようで打者にとって打ちづらそうである。これは大きな戦力になるかもしれない。打線の方はようやく全体的に上向いてきたようである。特に佐野にここ一番での当たりが出たのは大きい。ようやくこれで4番に置かれている居心地の悪さから解放されるだろう。そして特筆したいのは戸柱の存在だ。打撃は従来のチャンスでの強さを発揮し出している。そして何よりもリードが変わったようにみえる。これまでの外一辺倒の弱気な攻めから脱皮して、新しい境地に入っているのかもしれない。今後、敵側が右腕投手のときにはもっと出番が増えてくるかもしれない。伊藤光との使い分けとなる可能性もある。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事