5連勝で調子に乗ってはいけない

連勝は5となった。今永は1点のリードを辛抱強く守り抜いた。そしてようやく8回に素晴らしい波状攻撃の援護を受けた。オースチンの目の覚めるようなセンターへの一発、大和の満塁のチャンスでの面目躍如。完全に阪神の息の根を止めた。確かに投打ともに調子を上げてきた。これまで登板した先発投手は黒星を付けた者もいるが、決して打ち込まれて崩れた者はいない。打線も新加入のオースチンが火付け役になり、他の打者も本来の調子を出し始めている。これが今年の横浜の目指す姿なのだろう。これから先、打線の調子が維持されることを願う。ただ不安なところもある。攻撃においては機動性すなわちエンドランや盗塁がないことだ。今はまだ各人が自分の打撃の確認に集中しているのでそういう方向性には目が向かないのだろうが、そろそろ大和や梶谷をキーマンとする機動力を見せて欲しい。走塁に関してはオースチンの積極性は好ましく思う。決して暴走とは思わない。そういう姿勢は必ず周りを刺激していい影響を与えることになるだろう。守備においてはそこそここなしているが、ソトや宮崎の緩慢なスローイングなどまだ修正しなければならない所はある。打力優先とはいえそれなりの水準には達してくれなければ困る。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事