こういう試合が横浜を強くする

どんよりとしている今朝はべイスターズファンの心境を表している。むしろ、晴れ渡った天気にならなくて良かったとも思ってしまう。
連勝して盛り上がっている横浜は、もう阪神への苦手意識は無くなっているかのように見える。ただ、阪神は横浜に対して未だにお得意様の意識を持ち続けている。それを象徴するかのように試合はもつれ、最後までどうなるか分からなかった。横浜は初回の3本の二塁打や6回の満塁での一打など打線全体の調子の良さを示したが、阪神も5回に長短打を集中し、9回二死からの奇跡的な逆転3ランを放ち横浜を飲み込んだ。さすがに守護神山崎が打ち込まれたことはショックである。すぐに山崎が立ち直れるかどうかは分からない。山崎は気持ちで投げる投手であり、無観客での試合において奮い立たせる要素は無い。しかし、それでも最高のクローザーは復活してくれるに違いない。前向きにこれからの事を考えると、控えの乙坂、桑原、中井、柴田、楠本らはこういう大事な試合には絶対に必要になってくる。日頃、試合に出られなくても切磋琢磨技を磨いてレギュラーを脅かす存在にならなくてはいけない。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事