横浜は難関を突破した

一昨日の悪夢の試合から、横浜は今年も阪神に苦しめられるのかという思いが頭をめぐっていた。しかし、昨夜の試合によりその心配はないことを強く印象付けてくれた。横浜はピープルズを抹消しエスコバーを登録した。そして不振のロペスをベンチ入りから外した。今後どうなるかは分からないが、少なくともパットン、エスコバーは常時ベンチ入りさせておきたい選手である。ピープルズについては実力次第で扱いは変わるだろう。野手3人は当面登録はしていくのだろうが、その内ベンチ入りするのは調子のいい2人となるのだろう。ということは今年の外国人選手は投手も野手もいい意味の競争を強いられることになり、うかうかはできなくなる。
昨夜の試合、初めてソトがファーストを守り柴田がセカンドに入った。そしてショートにも倉本が起用された。平良は非常に安定した投球を維持している。シンカーもスライダーも素晴らしいが、一番は直球にスピードと切れがあることだと思う。平良が先発のため内野ゴロが非常に多かったが、この布陣は何の問題もなくすべての打球を捌いた。むしろ、柴田の加入によりこれまでより守備力は増している。打線は相変わらず好調を維持している。まさに打線と表現するのが当てはまるように各打者が機能している。特徴的なのは各打者に引っ張りの打球が少ないことだ。この辺りは引っ掛けて併殺打にならないように繋ぐ意識が表れているのであろう。この好調がいつまでも続くことを願うが、そろそろ控えの選手も調子を上げなければならない。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事