悪い流れを断ち切った平良の力投

あの無様な負け方から一夜明けたその日は、新たな気持ちで挑むといっても簡単には頭を整理することはできない。横浜が良いプレイを演じたとしても相手側からみれば弱みを握ってしまっているのでまた同じ作戦を使ってくるだろう。この気持ち悪さは横浜の守備力が良くならない限り悩まされることになる。
しかしこの試合はそういったことを忘れさせるような試合展開になった。先発平良は本当に素晴らしかった。切れのある速球と変化球をコントロールしてまったく打たれる気配を感じさせなかった。打球は殆どが内野ゴロになり、さらに空振り三振を8個も取ったことに、いかに変化球に切れがあったことが分かる。打線はようやく5回に一死満塁と攻めソトの一発で一気にけりをつけた。4点があればこの日の平良であれば十分すぎるほどの点差と言えた。結局、平良は7回までで余力を残して降板となり後続の投手に託した。こういう試合展開になれば、緊張感を失くした相手に打線が襲いかかるパターンとなり大差をつけて勝利をものにした。注目したいのは7回一死で梶谷が出塁したときのソトとのランエンドヒット。たぶん、梶谷は盗塁を成功していたがソトは敢えて打ちにいき、大きく空いていた一二塁間に転がして一三塁の好機を作った。こういうプレイがもっと増えてくれることを望みたい。それとファームから上がってきたばかりの神里が打席に立ち、よく選球して四球を選んでいる。そしてロペスのライト線への二塁打で一気にホームインした。開幕から大分遅れてしまったが、ようやく上がってきた。彼には他のレギュラーが不調に陥った時に取って代われる力があると期待している。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事