何も改善していない姿勢

昨夜の試合ではこれといっておかしい采配は無かった。併殺打はなく送りバントもやっており行儀の良さが出ていた。しかし、これはこの監督の処世術であり、世間の批判をかわすためのずる賢い対応策である。今までこれにどれだけ騙されてきたか、ほとぼりが冷めればまたもとに戻してしまうのだ。体面を繕って采配しているこの試合ではいつもの強攻策はとってはいたが、併殺になるのを恐れすぎ中途半端な攻撃になっていた。初回の無死一二塁、佐野、宮崎は明らかに委縮していた。指示が出ているのか分からないが、クリーンアップが自由に打たなくてどうするのだ。
それにしても打線に光が見えない。起爆剤となる選手が現れるのを待ってもそれは無理だろう。まずは打つだけのオーダーを辞めて、ある程度機動性を持たせる形にすべきだということは分かり切ったことだ。ロペスがきっとやってくれるだろうと期待したとて、彼が活躍できるのは一試合でせいぜい一度だけだろう。今はまだ調子が上がらないのなら、代打に専念してもらう方がチームのためになるのではないか。佐野や宮崎もレギュラーに固定せずに、彼らよりも守備が上手く実績もある神里、乙坂、桑原、倉本らの力を生かし、先発として積極的に起用することも考えるべきだろうと思う。それだけやれば上手くいかなかったとしてもファンは納得するはずだ。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事