打線に納得はしないが、もうひと努力で勝利も近い

引き分けまでは届いた。しかしまだ勝てない。この敷居を越えるのが大変なことなのだと思う。私は正攻法でいかなければ越えられないと思っている。もうただ打つだけの攻撃手段では難しいのではないか。確かにクリーンナップはそこそこ期待は出来るが、打線を繋げる工夫がなければどうにもならない。無死一塁はできたとしても、そこからどう組み立てていくのかが問題だ。多少バントやエンドランなど使ってはいるが、まだまだ圧倒的に少ない。走れない選手ばかりのチームだからこそ、積極的にそういう戦法を使わなければ得点に繋がらない。いくら毎試合のように二桁安打を打つ力があっても、それに見合った得点が取れないのは情けない。レギュラー外しも考えるべきと述べたロペス、佐野、宮崎は活躍した。見誤った事は反省する。しかし、彼らにより生まれた得点はホームランによる2点だけである。その他の6本のヒットはまったく生かされていない。こういう無駄をどうするのか。1、2番が機能しなかったのもあるが、チャンス時に打てなかったこともある。そしてやはり一番大事なことは繰り返しになるが打線を繋げることになるのだろう。下位打線が活躍しているのだから、うまく繋がれば得点能力は大きく増えるはずだ。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事