まだまだ安泰ではない横浜の状況

ようやく一つ勝てた。ほぼ大貫の活躍によるものだ。打線も頑張ってはいるが、これだけ動きの鈍い選手ばかりが揃っているとスムーズな得点が出来ない。これらの選手にとって二塁は決してスコアリングポジションではない。初回の3点は梶谷を除きあとに続くロペス、佐野、宮崎と律儀に各駅停車で塁を進め、二塁から一気にというのは無かった。戸柱のレフト前タイムリーはバウンドがイレギュラーして、捕球に手間取っている間に二塁ランナーは突っ込めたと思うのだがそれもなかった。最終的には一死満塁が無駄になってしまったのは痛い。あとはお決まりの本塁打でしか追加点が取れないところは、機動力が不足しているのが原因でもある。結局、無死で出塁してもランナーが鈍足ならば、強攻して上手くヒットが続かなければ得点にならない確率の低い攻撃法がそのまま続いている。概ね打線は好調を維持しているようだが、ソトの不調が気になる。あれだけあっちこっちに守備位置を動かされては精神的、肉体的に疲れは蓄積されるだろう。そもそもソトは一塁で起用しロペスは控えに回し、場合によってはオースチンも含めて3人を入れ替えるという方針であったように思う。もちろん、その時々で方針を変えざる得ないときもあるだろうが、シーズン前に練った考えは貫ぬいた方が後悔はしないはずである。とするならば、疲れが出ているソトは一塁に回すか外した方が良いのではと思う。私は前から調子を上げていると思われる神里の起用を推しているが、どうして使わないのか分からない。センターに神里を入れれば梶谷も守備への負担は減るだろうし、第一、機動力が大きく変化する。こういうことが嫌いな監督ではないはずだが、やはり今年のラミレスは考えが短絡的すぎる。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事