秘めたパワーで存在感を示した気まぐれな乙坂

だいぶ打線は活発化してきた。どこからでも出塁するし、日替わりでヒーローが出現するのは良い傾向だ。ただし、機動力がないのは相変わらずなのだから、確実にランナーを進めるバッティングをしなければならない。3回無死一二塁での宮崎は言わずもがなである。彼のレベルでは内角球でも流すことはできるはずで、敢えて引っ張ったのは自信過剰である。4回無死一二塁での今永の送りバントはあまりにも正直すぎていただけない。このシチュエーションでバントを構えてさせてもらえる訳はないだろう。ここは強攻を装わなければならないと思うのだが。一つ思うのだが、最近戸柱の起用が増え7番に入ることが多いが、彼が無死で出塁したときには絶望感しかない。なぜなら、8番は必ず強攻して失敗し、9番もバントはせず強攻する。結局二死一塁で1番梶谷は何もできないというパターンしか思い浮かばないからだ。奇跡的に7、8番が連打し一二塁になっても今日のように9番が上手く送れないでは攻撃が成り立たない。打線の繋がりを考えるのなら、ランナーを次の塁に送ることが大事なことは分かるはずだ。同じような6回一死一二塁はたまたま代打乙坂の素晴らしい一撃でカバーされたが、今永が続投してその打席に立っていたらバントで二三塁に出来ただろうか。そういう基本的なことをしっかりやらないと勝利を掴むことはできない。
乙坂のような能力をまだ生かし切れていない選手が横浜には沢山いる。神里、桑原、細川など攻守走揃った選手を使えば、違うベイスターズをみせてくれるだろう。しかし、今年は代打、代走、代守備に甘んじてもらうしかないが、来年以降必要とされる時が来るはずだ。そうならなければベイスターズは面白くない。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事