歴然たる横浜と読売の違い

このところ鼻について仕方ないのはラミレスのギャンブル野球。試合の中盤ぐらいまではお気に入りの打つだけ打線と投手力でいい勝負をするが、終盤には投手の消耗に伴って弱い守備力が露見し致命的な失点をする。昨夜は打線が殆ど機能せずに、単発で上げた得点と井納の力で中盤までは均衡を保っていた。本来なら1、3、6回のチャンスに6番宮崎が何とかしてれば有利に試合を進められたであろう。こういう場面に強い打者が何もできなかったのは痛い。邪推になるかもしれないが、次打者戸柱が頼りにならないと思えば繋ぐバッティングは出来ない。そして終盤を迎えやはり守備に破綻が生じた。7回裏一死一塁でのワイルドピッチは上手い捕手なら捕れていた。しかも足の遅さと油断から一気に三塁にまで行かれた。どうも戸柱は集中力が終盤に途切れるようである。このときは石田の奮闘で無失点に抑えたが、その代わり消耗してしまった。もし、騒動が起きなければ続投もあり得た。したがって8回はエスコバーが登板した。無死で出塁した亀井に代わる代走増田は一死から当然の如く盗塁を決めた。ここでも戸柱の捕手としての能力に疑問を感じる。盗塁阻止力の低さとリードだ。丸に対して1-2と追い込んでの勝負球に一番の武器であるストレートでなくスライダーを選択した。裏をかいたつもりだったのか、もう一球外すつもりだったのか分からないが、1-2で勝負して良いはずだし、打ち取れる確率の高いストレートを投げさせるべきである。
横浜と読売の違いは歴然としている。この違いは的確な選手起用と緻密さである。これでは勝てる訳がない。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事