無策の采配の中で光る捕手高城

昨夜のヒーローは間違いなく捕手高城だろう。勝負を決めた2ランはもとより、守備の方では先発濱口、平田、山崎、パットン、三島それぞれの投手の良さを引き出すリードをした。傷心の身である山崎は格下げられたが、不貞腐れずにしっかりと自分の役目を果たした。パットンも四球と代走増田のプレッシャーに惑わされずに連続三振でけりをつけた。前々から選手起用に不信感を抱いているが、捕手の起用についても不満を持っている。実力主義のこの世界で、特定の選手が優遇されていることの理不尽さを感じている。どう考えても高城の実力は過小評価されていると思う。リードもだがバッティングでも今の一軍ではベストだと思う。したがって主戦捕手とすれば打線としての繋がりも生まれるはずである。そもそも実力は最も高い伊藤光に対する処遇はどう考えてもおかしい。これを一監督がかってに決断したとするならば、編成の意志で獲得した経緯を考えれば完全にチームの方向性に反していることになる。こういう監督に指揮を取らせることがいつまでもまかり通るはずはない。
昨夜は勝てたがこれから先、勝ち続けられるとは接戦をことごとく落としている実績からあり得ないだろう。その原因は1点を取るための手段を怠るという舐めたことをしているからである。攻めの野球は否定はしないが、最低限のことをやらなければ接戦をものにすることはできない。選手の中にもそのやり方に不信感を募らせている者がいてもおかしくはない。そんな中で強権を発動してチームを支配することができるラミレスは、いかに強い意志を持っていることだろう。あるいはいかに面の皮が厚いのだろう。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事