守りの大切さがしみじみと身に染みた勝利

試合序盤からエラーや凡ミスやら腹の立つようなプレイを見せられた。中井の起用は左のメルセデスに対する対策だろうが、まるで素人のような守備はあまりにも大きい代償だった。幸い大貫の踏ん張りで凌ぐことはできているが、それによる消耗は少なからずあったはずだ。中井は1本ヒットを打ったが大した働きもないまま、6回の守備から柴田に代わったのは当然のことだ。宮崎も4回にエラーまがいのプレイを見せているし、この日の内野は安定感に欠けていた。大貫が先発のときは内野ゴロが多くなるのだから内野は固めなければならないはずなのに柴田も大和も先発で起用しなかったのは疑問である。こんな調子でいつかは守備の破綻から負けるパターンとなるだろうと予想していた。そして6回二死から今度はセンター梶谷が打球の処理をミスして三塁にランナーを進めてしまった。この嫌な雰囲気の中では、吉川尚の内野安打は出るべくして出たといえる。しかし、柴田もセンターに抜けそうな当たりを止め、よく一塁に投げたと思う。柴田を起用して守備を固めたこの辺りから様相は変化してきたのかもしれない。7回表、簡単に二死を取られたが、ロペスのレフト前、宮崎の四球で一二塁。ここで戸柱だがまるでメルセデスには合っていない。右投手に代わるなら戸柱はそのままだったのだろうが、メルセデス続投でベンチが動いた。多少ベンチに迷いがあったのは、一旦は戸柱がコールを受けていることから推察される。そして嶺井が新たにコール受けて打席に立ち、1-1からの三球目内角ストレートを見事にレフト前に打ち返した。さらに倉本は二球目の内角スライダーを右中間に勝ち越しタイムリーを決めた。しかし前半の守備の不手際を考えれば、まだまだ僅差を守り抜けるとは思えなかった。7回には大貫を継いで山崎が投げたが、二死一二塁にしたところで非情にも交代しエスコバーで抑えた。8回にはパットンがヒットを打たれ代走増田となったところで一死も取れずに石田に交代。その石田がいきなりヒットを打たれ無死一三塁となった時にはもう絶体絶命だった。しかし石田は落ち着いていた。まずは中島をチェンジアップで三振にする。そして陽の打席の時ダブルスティールが勃発するが、捕手嶺井-セカンド柴田-ファーストロペスー倉本からのバックホームで増田をアウトにする。やはり守備が堅いと観ていてスカッとする。もし、戸柱-中井だったらどうなっていたか。思いがけず守備力で危機を乗り切ったのは意外であった。良い流れになってきた横浜は案の定、9回に宮崎の2ランで引き離し勝利をものにした。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事