影響を与えている細川の能力の高さ

今日は願いが通じたのかスターティングに細川が起用された。しかも6番という重要な打順だ。当然のことながら彼の動きを中心に観戦したが、大活躍ではないがいい内容ではあったといえるだろう。それは思い描いていた通りの攻、走、守にわたるものだった。まず、4回無死から中前ヒットで出塁し、柴田とのランエンドヒットで柴田が空振りするも盗塁を決めている。こういうケースで打者が空振りすると大概盗塁は失敗するのだが、かなり俊足だということがわかる。この盗塁が流れを呼び込み、一死一二塁から井納が気楽に打てる状況にしたともいえる。5回には二死一塁で打席に入り0-2と追い込まれながら、選球眼の良さでボールを確実に見逃しストライクボールをファウルして四球を選んでいる。上り調子であったので必ずチャンスが巡ってくると思っていた。そして7回にそのチャンスは巡ってきたが、何と代打を送られてしまった。このラミレス采配は全く納得いかない。その選手が持っている運や、調子の良さを無視し、独断的な勘でお気に入りの選手を起用する。何と愚かしいことか。ただこういうシーンは何度も見てきたので、怒りを通り越して哀れさえも感じている。細川は守備でも魅せた。6回表、無死一二塁での鈴木のライトフライを捕って、矢のような送球を三塁に投げた。そのまま届けば際どいタイミングだったろうと思う。しかし、中継の柴田がカットしてしまった。このところよく見るが、柴田の中継プレイはすべてといっていいほどカットで終わってしまう。当然一塁ランナーの進塁を気にしての事だろうが、こんな消極的なことばかりやっていると外野に飛んだ打球に対する走者の反応が強きになってしまう気がする。確かに走者二塁からヒットで生還されている確率が高いように思う。 
いずれにしても細川がオーダーに加わり確実に雰囲気が変わったことは間違いない。しかし、ラミレスはもしかすると左投手の時でしか起用しないのかもしれない。今日活躍した嶺井も右投手に代わるや否や戸柱に代えられていた。こういう試合の流れを無視した愚かな采配はこれから続いていくのだろう。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事