この勝利から感じる新しい局面

素晴らしい勝利だった。選手たちの働きは申し分なかった。そして本来の打線のあるべき姿が表現された試合だった。攻撃でいつも目にするランナーを置いたときの雑な打撃はまったくなく、繋げる意識がどの場面でも働いていた。特に2番に起用された倉本は素晴らしく、初回、5回、6回と走者がいる場面では進めるバッティングに徹し正に2番の役目を果たした。そしてこれらの回ではすべて得点が得られている。倉本ばかりでなくどの選手も繋げる意識は高かったように思う。チャンスは3、4番がきっちりと打点を稼ぐいい流れができていた。注目していた細川は6番に起用された。右投手にも使われたことは良かったことだが、残念ながら今一つ実力を出せなかった。結果を出そうと必死で少し入れ込み過ぎているようだ。もう少し経験を積ませることが必要なのだろうが、神里や乙坂も結果を出しているので悩ましいところだ。いつも貶してばかりの戸柱は低打率ながらここ一番での打撃は唸らせるものがあった。守備の面では戸柱はあまり調子の出ない大貫を良くリードし、2つの盗塁を阻止して失点を防いだ。目立たないがよく頑張っている。守備といえばセカンドの大和の守備は芸術的だ。難しい打球をいとも簡単に優雅にこなす。柴田などよりもう一段レベルが高い。柴田はかなり焦りを感じなければならない。
試合の流れは4回に逆転され、ヤクルトにいっていた。それを止めたのは5回の国吉であり、三者連続三振とその裏の自らが打った中前ヒットは再逆転の雰囲気を呼び込んだ。そして各打者が丁寧に繋いで国吉を生還させたのは象徴的であった。この試合、9得点を上げながら本塁打がないことは如何に上手い野球をしたということだろう。こういう姿勢を続けるならば、かなりの確率で勝利をものにすることになるだろう。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓



最近の記事