横浜の将来を担う新星誕生か

結果的には投手の失投によるダメージが敗戦に繋がっている。もう少し丁寧な投球をして欲しかった。それにしても打線の勢いは凄まじいものを感じる。この試合のキーポイントは戸柱と蝦名であった。3回の同点に繋がる突破口は戸柱のヒットからだった。次の回に突き放されたが、4回の追撃の開始は蝦名、戸柱の本塁打からだった。さらに6回には逆転の足掛かりとなる連続出塁を決めている。本当にこの二人は良く貢献した。ただし、戸柱の打順は9番ではないだろう。彼は得点する者ではなく、打点を稼ぐ者だ。たまたま連打で生還できているが、各駅停車では効率が悪すぎる。蝦名は最初見たときの印象はあまり良くなかった。それは片足を上げるタイミングが早く、一本足の姿勢で上手く対応できるのかという点だった。しかしどうも杞憂であったようだ。昨夜の本塁打はインコースを突かれ追い込まれながら、そのインコース低めにきたボール気味の直球をすくい上げる感じで見事に振り抜いた。結果論で言うのではないが、この打席の途中で何かが変わっているのに気付いた。前の出場のときには感じなかった余裕というか安定感みたいなものである。もしそうであるならば、あの一打はまぐれ当りの本塁打ではない技ありの一打であったと言えるのかもしれない。大体、インコースのボールになる球を完璧に打つのは普通出来ない。もしかしたら梶谷のようなタイプの打者になるのかもしれない。またしても有望な選手が外野に誕生した。残念なのは細川、神里などの出場機会が減ることだ。しかしそれだけ外野の競争は激しくなる訳だから悪いことではない。
試合は負けたが大したことではない。それよりも一人の新星が誕生した方が大きい。そのデビューは本塁打からという型破りな登場の仕方であった。もしかしたら近い将来、横浜の屋台骨になる選手なのかもしれない。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事