舐めてかかった結果がこの敗戦

惜しい試合を落としたというしか言いようがない。投手陣も踏ん張ったし打線もよく追いすがったけれど、あともう一押しということなのだろう。しかし、中日は三連敗しているチームとは思えないほど、投打ともにしっかりしていた。そのあたりの見込み違いが試合前半の打線の低調さ、先発井納の勝負所での球の甘さに表われたのかもしれない。前半につけられた3点差は今の打線なら十分に返せると思っていたに違いない。しかし、最後まで返すことはできなかった。一つ思うのはこのところ2番に起用される選手はあまり調子が良くない。倉本、柴田といったところは一定の結果を出したにも関わらず外され、その後調子を落としているようだ。そりゃあ選手にしてみれば理由もわからず外されれば、不信感を募らせて調子も落とすというものだ。だいたい、どういう根拠で2番を決めているのかまったく分からない。何か変えることこそが戦法だと言わんばかりである。選手はそれで振り回されているのである。誰か意見を述べる者はいないのか。それとは裏腹に上手くいったところはげんを担ぐ傾向がある。9番戸柱は象徴的だ。一度上手くいくと続けて使う。わざわざ鈍足の選手を俊足の前に置くことはないだろう。普通なら1点取れているのに三塁止まりで点にならない。どう考えても8番に置くべきだ。本当に気分が悪いが、一つだけ期待を寄せてみているのが蝦名である。この日は結果を残せなかったが、一本足のバッティングフォームは安定感を感じる。ここは長い目でみてやって欲しい。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事