何も変わらないラミレスの最低采配

勝てたことは素直に喜びたい。しかし、これでいいとは思わない。2番オースチン、6番戸柱。どうしてそうなるのか、自分が思っているオーダーとの隔たりは大きい。ラミレスにはどういう思考回路が働いているのかまったく分からない。この頃は、今日こそはまっとうなオーダーで正当な選手起用をしてくれているはずだと思い試合に臨むのだが、その願いは試合前に打ち砕かれる。それでも、もしかしたらそれが正しい判断なのかもしれないと試合を見守るのだが、だいたい予想通り危惧したことが現実となる。
さて、試合の方は坂本が先発するが、ほぼ変化球投手であった。直球はカウント球でスライダー、チェンジアップを決め球にしていた。調子が悪いときにも他の球で対応できるのであればなかなかの逸材である。しかし、2回にタイムリーを打たれた坂口に対する戸柱のリードは酷かった。切れがいいからとは言え、8球連続でスライダーを投げさせれば打たれて当たり前だろう。5回途中で降板となったが、期待できる投手ではある。打線は梶谷、ソトの活躍で序盤から得点を重ね、中盤は宮崎の長打を軸に加点した。終盤は相手のミスによる満塁のチャンスに柴田がセンターオーバーの一打を放ち試合を決めた。坂本を継いだ平田、パットン、エスコバー、国吉はいずれも好投し、つけ入る隙を与えずに無失点で抑えた。
チームは良く機能していて状況は良いはずなのだが、ラミレスの采配が最低であるのは変わらない。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近の記事