もはや消化試合の様相の中で思うこと

正直なところ、ペナントレースには興味を失ってしまった。今年は早々と優勝の可能性が無くなった。CSもないから日本シリーズ出場の可能性もない。こうなれば、来年度に目を向けるより他に野球の楽しみ方はないだろう。しかし、来年、続投する可能性が低いラミレスが監督である限りは、曲がりなりにも優勝を諦めない姿勢を続けるのは分かり切っている。つまり、走力や守備力の欠如した打力重視の打線を基本として押し通すのだろう。マジックが消化されて残り10を切るぐらいになって、ようやく方針が変わるのだろうか。主観的にはすぐにでも来年度に向けてのチーム体制を構築するべく動いて欲しいと思っている。さてどういう方向性を打ち出すかだが、少なくともこの数年のような打力に特化した打線はやめて欲しい。ここ数年の横浜のAクラスへの常連化は2016年あたりからの石田、今永、濱口、東らサウスポーの台頭によるところが大きい。それを企てたのは球団の編成によるものであり、決してラミレスの手腕によるものではない。その確かな考えを持つ編成が、去年のドラフトでは例年のサウスポー1位指名を辞めて野手の森を指名した。ここに球団としての新たな思いが込められていると感じている。つまり、機動力や守備力を重視した打線の構築を目指すのかどうかだ。そのためには当然のことながら監督は代えなければならない。その方針に沿ってチームを采配出来る監督をしっかりと選択することが不可欠である。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓




最近の記事