外野守備にみるモチベーションの高さ

消化試合といえども横浜の野球はすべてみているが、その中で、この試合は何かを感じさせるものがあった。もはや優勝はあきらめているだろうが、選手たちは雑にならずにひたむきに野球に取り組んでいる。それを垣間見た思いだ。もちろん、打つ方は各選手張り切っているのは当然だが、守備の方でこれほどまでに素晴らしいプレイをみせてくれるとは思わなかった。2回無死一塁での松山のセンターへの当たりをダイビングキャッチした梶谷。5回無死からの鈴木のあたりをジャンピングキャッチした佐野。そして7回二死、本塁打を打たれ1点差となって押せ押せムードの厳しい状況で、代打坂倉の大きい当たりをフェンスに激突しながらキャッチしたオースチン。いずれも取れていなかったら試合はどうなっていたか分からない。この時期にこんなハッスルプレイをする選手たちのモチベーションは、先のことは考えずに日々の試合を勝利するだけを目的にして生まれるのだろうか。それにしてもリスクを顧みずにプレイする選手たちには頭が下がる。


励みになります。

投票お願いしますたい!↓



最近の記事