垣間見えた打線の光明

神里が調子を取り戻し2番に起用された。大体このくらいがちょうどいい打線ではないか。機動力が強調されている訳でもなく、打つばかりでもない。機動力と強打力とがうまく融合された打線になっていると思う。試合の行方を決める序盤の攻撃において1、2番の働きは重要であるのは当然のことだが、まさにそれを表すような働きであった。初回は梶谷の出塁に走者を進める最低限の仕事。3回は内野安打の梶谷とのランエンドヒットを事も無げに決める。8回は二死三塁から残したランナーを還すレフト強襲の当たり。神里が一人2番に入るだけで大きく得点効率が上がった。ただ、残念なことにラミレスはこういう打線に執心しない。たまたま、神里が当たっているのとオースチンが調子を崩しているのが重なったからこうなっただけのことだ。また、状況が変われば躊躇なく打線を変えるだろう。しかし、頑固に変えない所もある。8番投手と9番戸柱だ。つまり、確固たる信念を持っているのは確かだが、我々の思うところの根本的な打線の構成とは大きな乖離がある。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓



最近の記事