何故、今更機動力野球なんだ

久しぶりの投稿だ。どうしても書きたいと思ったのは、なぜラミレスはこの期に及んで機動力野球をしようとするのか。最後まで自分流を押し通すのがラミレスだったはずなのにどうしたことか。皮肉なことにこの機動力が機能して読売に連勝している。一昨日はプロ初登場の森の二塁打が起点となって読売に引導を渡している。昨日は1、2番の梶谷、大和がこれぞランエンドヒットというものを二度も決めて試合の行方を決定した。確かにペナントレースではない緻密さに欠けるベンチワークはある。しかし、これだけ機動力を生かすことが横浜にもできたのだ。だから尚更、ラミレスが機動力野球をせず、打力重視の野球を偏重してしまったのが残念だ。ただ一つ、ラミレスの立場から考えると、本当は機動力野球をしたかったが、それだけの駒が揃わなかったということなのかもしれない。もちろん、走力のある選手は十分いるがその打力を考慮したとき、鈍足でも強打力の選手を選択した方が勝てる公算が高いと判断したのかもしれない。ただ、あまりにも打線に機動性がなさ過ぎた。それと作戦面でもエンドランやバントなど積極的な動きを見せなかったのは、おこがましいが野球の本質を見間違えたと思わざるを得ない。



励みになります。

投票お願いしますたい!↓



最近の記事