三浦監督の決定

来季の横浜は三浦監督で決まった。実際にどのようなチームを構築していくのだろうか。予測できるのは投手コーチを務めていたときに、投手起用においては先発投手を出来るだけ完投近くまで投げさせていたのを浸透させて、リリーフ投手の負担を軽減させる方向性を示すだろうということ。また、二軍監督になってからは果敢に盗塁を企てていることや、積極的な守備を奨励していることなど機動力を前面に打ち出した野球をしていると感じている。これはまさに我々が望んでいる横浜の姿であろうと思う。ただ、来年度、一軍に上がって来てそのままの野球ができるとは到底思わない。現有戦力、特に中心打者である佐野、宮崎、ソト、オースチンを前にしてどのような打線を組むのか。私は先日、同ブログで極論だがソト、オースチンは必要ないと述べたが、今でもその考えに変わりはない。なぜならば、内野の守備力は高まったが、外野の方はかなり低いと思う。したがって布陣を梶谷、神里、細川を基本と考えるべきだと思っている。梶谷は言うに及ばず、神里の守備範囲の広さ、細川の強肩でかなり締まった布陣になるであろう。先日の読売戦でもライト細川はその強肩で打者の二塁への進塁を幾度と阻止している。目につかないが貢献しているのだ。こう考えると、問題はオースチン、ソト、佐野の守備位置になる。当然一塁しかないのだが、そこは佐野で決まる。ソト、オースチンは必要なくなるのだ。しかし、オースチンは来年度も契約することが決まった。神里、細川はもう来年度は横浜の中心になっていなくてはならない選手だと思っている。他球団から見てもその機動力、守備力を含めて総合的にみれば本当にいやな選手たちである。だからこそ、来年度は出来得る限り多くの試合に出場させて欲しい。梶谷はFA宣言したが絶対に引き留めなければならない。そのためにはソトの流失は仕方がないのではないかと思う。むしろ、横浜が野球の方向性を変えるためには好都合であろう。




励みになります。

投票お願いしますたい!↓

最近の記事