問われる監督としての才能

敗因は大貫と打てない打線であるが、一気に大量点を取られれば今の打線では取り返す力はない。だからすべて大貫が悪いのかというとそうとも言い切れないように思う。1,2回はピンチを迎えながら何とか抑えられた。それは大貫の緻密な制球力によるところに他ならない。大量失点した3回、1,2塁にしたところまではしょうがないが、一死から坂倉に右中間前にヒットを打たれた。このとき足の速い2塁ランナー羽月の生還は仕方ないだろうが、1塁ランナー鈴木誠を3塁にやってしまったのはいただけない。オースチンの対応の悪さだが、次の安部の犠飛で2点目を与えてプッツリと集中力が切れた感じがする。それほどこの失点は大きかったように思う。支えるバックの守備力が酷ければ、精神力などあっという間に吹き飛んでしまうのだ。特に大貫の場合、繊細な制球力が持ち味であり、打ち取るピッチングが信条であるのだからバックの守備力は重要である。心が折れかかって明確な意図もないまま投げる球は打たれやすい。広島の下位打線の機動力を絡めた攻撃力はあっという間に大貫を飲み込んだ。
私は前の回のブログでソトを外してオースチンまたは佐野のどちらかを一塁にするべきと書いた。今の横浜の総合力を考えたとき、去年のような打力に特化した打線にはなれないのだから、機動性と守備力で補っていくしかないと思っている。出来るだけ欠点を出さない野球をすることが勝つための術ではないのか。外野は二つある欠点を一つに減らし、その分、機動力と守備力を持った選手を入れる方がチーム力は上がるはずだ。三浦監督は自分の信念を曲げてはいけない。ただこれまでの戦い方を見ていると、去年の打力を継承した上に関根や桑原の機動性を加えたに過ぎない打線を組み立てた。つまり予定調和の打線を組んでしまったのだろうが、どっちつかずになってしまったようだ。もっと明確に自分の打ち出したい方向性を大胆に示した方がいいのではないか。折角上手くいきかけた1,2番乙坂、倉本は多分解消されるだろう。ソトはなおも使い続け、いつ復調するか分からないものを待ち続けるのだろうか。それがどれだけチーム事情を悪化させているかが分からない訳ではあるまい。即刻ファームに落として試合に出させる方がよっぽど直りが早いだろうし、そのためのファームだろう。きめ細かく物事がなされない限り、監督としての才能はないと判断するしかない。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



最近の記事