やる気を見せ始めた打線

打線は水物とはいうもののこれほどまでに変貌するとは想像できなかった。先発床田に対して2回の宮崎、ソトの連打。あれほど貶していた二人が揃ってヒットとはいったい何なのか。そして大きかったのは嶺井のしぶといタイムリー。この一打で今日は行けるぞという気持ちを奮い起こさせた。3回は1番桑原から快打一発、やや右中間前に打球を飛ばし快足を生かして二塁を奪う。知野が送った一死三塁に気合の乗ったオースチンがレフトオーバーの2ラン。攻撃はこれで終わらず、佐野、牧と続いて一死二三塁となり宮崎がきっちり犠飛を上げる。これで5-1とかなり優位な状況になる。終わってみればスターティングの7人がマルチヒットという驚きの打撃が見られ、文字通り打線となって大量得点を生み出した。確かに終盤は調子の悪い藤井に襲いかかり集中打を浴びせたのだが、最後まで気を抜かずに好打好走塁を続けたのは好感が持てる。一つ言えるのは、不調と思っていた打者らはその気になればいくらでも打てるのだということだ。この調子を持続するためには、打撃だけでなく守備にも走塁にも頑張ることが総合的な攻撃力を高めることに繋がるのであろう。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事