佐野の打棒復活の予感

三浦監督はバッティングコーチとピッチングコーチの2人ずつ計4人の入れ替えを行った。田代、川村コーチがベンチ入りしたことになる。両者とも経験豊富であり、選手の状態を分析し的確な指導ができると期待される。そして打線はこれまでと基本路線は変えなかった。ただ2番に伊藤光を上げてきた。これは適切な判断だと思う。彼は打席で粘れるし、臨機応変な対応が出来る。それと出塁したときの走塁意識が高いのが大きい。チームはこれまでと変わらない攻撃的な打線を継続するようだが、1、2番をより円滑にして出塁率を上げるというような多少の改良を施した。それと昨日の試合で垣間見えたのは3番佐野の姿勢。3回一死一塁に伊藤光が出塁したときの佐野の打席でカウント2-2からエンドランがかかった。高めボール球を無理に打って遊飛に終わった。これは伊藤光の単独盗塁への援護なのかは分からないが、ただ漫然と打席に入るのでなく目的を持って対応している姿勢は良いと思う。関連するのかは分からないが佐野は次打席、5回無死一塁に伊藤光を置いて2-0からミスなく外角直球を捉えた。これは緊張感を持って臨んでいる結果であり、仕留めなければならない球をきちんと仕留める本来の佐野のバッティングに戻ってきたものと思われる。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事