守備の弱さが晒された横浜

バファローズは敗戦を受けてガラッとオーダーを変えてきた。左打者と機動力を重視した打線である。こういうことかできるチームの構成は羨ましいと思う。この変更が機能し、序盤までに大量リードを奪い勝負を決めた。しかしいいようにやられたものだ。大貫の不信な投球はあるがバファローズ打線は主にライト方向への連打を重ね、殆どのケースで一三塁を作っていった。数えてみたのだが記録上、右安とされた内、一二塁間を破ったヒットは7本あった。ゴロで抜くものライナーで抜くものと色々だが、とにかく同じような光景を何度もみせられた。打球が通り過ぎるたび、ソトと牧はどう感じているのだろうかと皮肉の一つも言いたくなる。こういうものを見せられるとどうしても守備の大切さを感じさせられる。やはりある程度は打力を削っても守備を固めるべきではないのか。交流戦では相手の弱点はすぐには分からないので最初の内は勝てるのかもしれないが、ばれてしまえば狙い撃ちにされて勝てることはなくなる。まずは牧の起用法を考えるべきだろう。知野が当たりを出しているので二塁に起用しても良いのではないか。牧は三塁で宮崎との併用を考えるべきだ。外野では桑原がまたも気の抜いたプレイで大きな痛手を被った。この選手は調子が上がってくると有頂天になり集中力を欠くプレイをする。それで今まで苦い経験をしてきたのは分かっているはずだが。根本的に何も変わっていない。技術的なことではなくメンタルコントロールをいかにできるかだろう。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事