攻守にわたる伊藤光の働きがチームの動きを良くしている

やはり投手力が一定水準に達していないと勝てないという当たり前のことを感じた。もう打線の方はしばらくは心配なさそうである。それは2番に抜擢された伊藤光の野球に対する姿勢がナインに伝わっているからだ。佐野も自分の成績よりチームのためを考えて打席に入っている。この試合では4番オースチンにも本来のいい動きがみられた。初回二死から塁に出て宮崎の三遊間ヒットで一気に三塁にヘッドスライディングした。この闘志溢れるプレイで燃えたソトはレフトスタンドに一発を打ち込んだ。8回には無死からショートの右を抜く鋭い当たりを放ち、センターが追いつく間に果敢にセカンドを陥れた。普通なら単打になるような当たりを二塁打にしたのだ。こういう積極的なプレイをすると必ずと言っていいほど得点に結びつく。代走桑原に代わり、宮崎のボテボテの内野ゴロとソトの右飛により得点に結びつけた。この試合のように闘志を剥き出しにして戦う姿勢が表に出れば、長打でも、単打でも得点に繋げることが容易くなることが良く分かった。一難去ってまた一難。先発投手陣が火の車になっているのが問題だ。ロメロにはかなり期待をかけていたが、しばらく先発では使えないだろう。大貫もだめになり、現時点で濱口、ピープルズ、今永、坂本しかいない。あとは上茶谷、京山あたりに任すしかないのだろうが、経験のある石田が先発に回ってくれればかなりの助けになるだろう。なかなか投打の噛み合った状態になるのは難しい。それが出来上がるのはいつになるのだろう。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事