今の打線はそう簡単には冷え込まないだろう

横浜はギリギリのところで試合をものにした。これにより頑張っていた選手たちは報われた。前回述べたが、今チームに活気を与えているのは伊藤光だろう。この試合でも初回、一死からまだ力を発揮していない涌井からヒットをひねり出し打線の発動を誘発している。二死後、オースチンが粘って四球で出塁すると宮崎が左前にヒットし伊藤光を迎え入れた。その際に一塁ランナーのオースチンはまたしても果敢に三塁を陥れている。この走塁が利きソトの打席での暴投でホームインした。この一連の得点パターンはこれまでの横浜では考えられないことである。そういう意味で伊藤光は今のチームには欠かせない存在だろう。序盤は涌井を苦しめてかなりの球数を投げさせたが、シンカーに活路を拓いてからは生き返ったようである。この後逆転を喰らうが、6回二死からの連打と大和の3ランでの再逆転はミラクルであった。これは選手たちの粘りによるものだ。7回にも無死からの伊藤光の出塁を足掛かりに、佐野、オースチンの進塁打と宮崎の中前ヒットによりスムーズに加点して勝利を近づけた。8回の牧のレフト越えのホームランは結果的には決勝点になった。初球のカットボールが甘く入ったのはあるが、集中力を切らさずに初対決の相手を良く打ったものだ。
今打線は活気づいている。控えの選手も出番を窺っている。神里などが打てなくなったとしても、そのあとを楠本がしっかりと穴を埋めているのでうかうかしていられない。DH制で一塁を守った山下もこの機にレギュラーを狙っている。この切磋琢磨がチームを強くする。こういう競争をして欲しいのは先発投手。救世主になる人材が出てきて欲しい。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事