色々反省点のある敗戦だがまだまだ戦える

あの嫌なことがあったあくる日、オーダーには山下、神里の名前はなく試合への出場もなかった。実に三浦らしい選手を思いやる処分の仕方である。ただ、後遺症はなかったのかは分からない。しかし6回無死一塁でのバスターバントのように、難しいことをいとも簡単にこなす伊藤光がいることは本当に心強い。惜しくもファールになったが、決まっていれば大きなチャンスが生まれたはずだ。対照的に久しぶりに1番に起用された桑原は失敗を恐れる気持ちが強すぎて走塁が消極的になっている。一死二塁から佐野のライナー性の当たりに判断できずにハーフウェイで留まり、ヒットになっても本塁への生還は出来なかった。さらにオースチンの浅めの右飛に躊躇してしまい、これでも生還できなかった。確かに生還の確率は五分五分だったかもしれないが、次打者の宮崎がタイムリーを打てる確率の方が低い。主観的にはどうするかは走者の判断に委ねるべきだろうが、その基準はスクウェアより少し強気の判断で良いと思う。むしろ勇気を持って突っ込んでアウトになっていても打線に火が点いていたはずだ。失敗を恐れない桑原の持ち味が出せないのは彼自身の問題だろう。
先発の今永は直球の速度こそさほど出ていないが、彼特有の回転の多い伸びのある球が復活し、変化球を織り交ぜて貫禄のピッチングをみせた。結果的に中継ぎの石田が打たれたのが敗因だが、どうも石田には投げてみないと分からないところがある。こういう投手はリリーフに向いているとはどうしても思えない。元々完投能力のあるプライドの高い投手を勿体ない中継ぎで使って生かし切れていないのならば、先発に戻し責任のある立場で仕事をさせるのが正しい道筋ではないのか。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事