まったく感動しない勝利

横浜は力技で勝利し勝率を5割に戻した。嶺井の2ラン、佐野の2ラン、蝦名のソロとこれまでの連勝時とは違う一発攻勢でである。そこには緻密なチームバッティングなどという要素が含まれるはずもなく、ただホームランという安易な得点方法によるものである。もちろんホームランを打つのは難しい。だからこそもっと楽に得点する方法を取るべきなのだ。これはあまり好ましいとは言えないと私は思う。そう思うのは、対戦相手も同じ攻撃が可能であるからである。実際に試合後半には一発攻勢を受けあわや追いつかれそうな場面もあった。その時すでに試合の流れは中日側にいっており不安でしょうがなかった。もう少し打力があれば追いつかれていてもおかしくなかった。連勝していた時のような次に繋げる攻撃をしていたときには、終盤1点差であっても安らかな気持ちで試合が見れた。すなわち、正当性のある野球をしていれば、試合の流れを掴んでいられるからである。同じ勝利ではあってもまったく意味合いが違うものである。この勝利は次の試合には繋がらないものである。チームはこの試合を反省しもう一度繋げる野球を目指さなければならない。このままの状況で阪神戦に突入すれば、あの甲子園の大歓声の魔力により手痛い敗北を喫するだろう。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事