作戦意図が良く伝わった意味ある敗戦

内容の濃い意味のある敗戦だった。対青柳用に振り切ったオーダーを敷いてきた。1番森、6番楠本、7番神里と左を並べ、何とか攻略しようとする意欲がみられた。実際にセイフティバントを模索したり、じっくり球を見たり、ファールを粘ったり簡単には打ち取られなかった。その結果として球数を多く投げさせることは成功している。それでも青柳の投球は素晴らしく、あと一歩攻め込むことはできなかった。初回一死一塁からの佐野の遊併殺打はチームバッティングでの結果だし、2回二死一二塁からの伊藤光の遊飛、3回二死一二塁からの牧の三ゴロ。申し分のない攻め口だったがあと一本が出なかった。無得点を続けていたが、先発の坂本も素晴らしい投球をみせていた。試合が動いた4回の楠本のホームランは見事だった。狙って打ったというより、ジャストミートの結果だろう。その裏、坂本は大山に2ランを喰らうが、久々登板にしては4イニング十分役目を果たしたと言えよう。横浜は5回から継投策で京山を出してきた。しかし6回二死から急にコントロールを乱し強い球を投げられなくなり、甘く入ったストライクを佐藤にセンターオーバーに運ばれた。この継投策が計算違いであり、流れは阪神側に傾いていった。青柳はまったく力を落とさずに投げ続けたが6回でマウンドを降りた。これは横浜の攻めにより球数を消費させたことによるものだった。したがってもう少し継投した京山が粘れていたら、7回以降に逆転する可能性があっただろう。非常に残念な結果であった。
この試合1番に蝦名を使わなかったのは結果としては失敗なのかもしれないが、青柳攻略のために楠本、神里という左打者を起用した意図は十分に理解できた。森も攻守に頑張ってはいるが、もう一歩打力を上げる必死な努力を望みたい。9番で起用して出塁すれば得点する確率は極めて高いので使い続けるべきだと思う。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事