いつまでも宮崎に頼っている場合ではない

久しぶりに気持ちの良い試合がみられた。ようやくスタメンに手を入れ、ソト、柴田を外したが遅すぎる対応だった。関根、楠本、森とメンバーを代えたのは良いが、一過性のものではないことを祈る。とにかく調子を落としているものは代える。単純なことだ。これまでは連勝のジンクスを担いでスタメンを固定した。連勝が終わっても過去の実績、プライドに忖度し、切り替えることは出来なかった。しかしこれでは勝てないことをやっと悟ったようだ。さて、ここで問題は宮崎をどうするかだが、当然代えるべきだと思う。ただ代わりが柴田、倉本では攻撃力が落ちてしまう。こういうときのために併用できる選手を作っておくべきだった。比較的攻撃力が豊富な外野陣や捕手陣から転用が出来るようにだ。伊藤光、大田などは合っていそうな気もするが、今となっては仕様がない。この急場を凌ぐには多少の無理も必要なのではないかと思っている。それは大和の起用だ。大和は阪神時代にどのポジションもオールマイティにこなしていた。横浜に来てショートに専念するようになったが、やろうと思えばできるはずだと思う。柴田はショート、サード、倉本はサード、ファースト、大和はショート、セカンドと分担制にして内野を網羅しているが、そんなことは関係ない。内野ならどのポジションでも守らなければならないし守れるはずだ。要は打てる内野手が望まれていることだ。したがってその中で大和は打てる内野手であり、サードも問題なく守れると信じている。打順構成はどうなるかだが、やはり宮崎が欠ける分だけ強化が必要だろう。したがって2番には大田、5番に楠本、6番に大和として補えばよいのではないかと思う。ここ数試合で多少出塁数が増えている森はその走力を生かして9番にしてはどうか。もっと新しい展開ができる可能性が生まれるだろうと思う。



励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事