保守的すぎる選手起用

やはり三浦監督の選手起用は保守的すぎる。もちろん、それが根底にあっても悪くないが、それだけではだめだと思う。ここぞという局面では思い切った手を打つことも必要なのではないのか。これまでも煮え切らない采配には失望してきたが、いわば天王山というこの局面に至っては情け容赦をしない選手起用でいくものと思っていた。それが見事に裏切られた訳だが、むしろそれが三浦らしい選手起用であったともいえる。つまり、一度レギュラーと定めた選手は簡単には代えない。逆に、調子を上げてきた選手がいても簡単にはレギュラーにはなれない。良くも悪くもそれがこれまで執ってきた三浦イズムであるので、外野の思いとの相違が出てくるのは当然のことであろう。少なくとも今シーズンは変わることはないと思うが、来年になればもう少し柔軟な思考も出来るようになるのではと期待する。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事