思い切った選手起用を続けるべきだ

素晴らしい逆転勝利だ。こんな試合は久しぶりだろう。いつもと違って打線に活気があった。対青柳用の振り切ったオーダーはことのほか上手くいっている。いっそのこと、このオーダーを基本に考えるべきではないのか。打線からは宮崎、ソトが外れ、中軸に楠本が据わっている。私はこれが大きいのだと思う。このところの宮崎、ソト。特にソトはチャンスにおいて、かつての強さを欠いている。かといって、チャンスメイク出来るかといえば足がないため、ツーベース以上を出さなければ得点になることはない。つまり我々が思っているほどの威圧感を他球団は感じていないのかもしれない。それに引き換え、実質的に最近の楠本の打撃はクリーンナップを打てるほどの位置にあると感じている。結局、最終回に活躍した宮崎、大田、桑原、佐野、牧、楠本、これらの選手で1~6番まで打順を構成すれば良いのではないのか。ただ一つ気になるのは、このところ出塁率を上げている森の存在だ。私は守備面でも彼の存在は大きいと感じているが、もう一つ攻撃の面で成果が表れていないのがもどかしい。折角、出塁しても得点に繋がっていないのが腑に落ちないのだ。森がスコアリングポジションに進んでも桑原はことごとく凡退する。考えられるのは、森と桑原のタイプの違いだ。投手の好みが異なるのではないか。だとしたら、1、2番に並べればどちらかが出塁するケースが増えそうだとは思うが、まだ、森の対応力は劣っているのでそれは無理だろう。ただこのまま8番では勿体ないので、せめて9番に置いて盗塁を含めた桑原とのコラボレーションを見てみたい。


励みになります。
投票お願いしますたい!↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


最近の記事